名刺やプラスチックカードは自分でするより業者依頼がおすすめ!

CMYK

プラスチックカードや名刺印刷はプロに任せて!

カードや名刺印刷で、自作とプロにどのような違いがあるのでしょうか。実は両者には決定的な違いがあります。プロは多くのクライアントから依頼を受けてデザインを長年経験していますから、素人では考え出せない発想力、バランス感覚、洗練された技術を持っています。また専用のグラフィックソフトを使用して0.1mm単位の細かい微細な配置・サイズの調整も行い、細かな色調整や画像加工処理も駆使し、ハイレベルな印刷が出来上がります。

カード

デザインにこだわって作成を依頼しよう

カードや名刺のデザインは、使用する素材やコンセプトの違いにより、多種多様なモノが生み出されています。紙に印刷する場合とプラスチックカードに印刷する場合では、素材の違いでデザイン自体も異なってきます。自分が希望するデザインコンセプトを十分考えてからデザイナーに依頼しましょう。すべてお任せではデザイナーも困ってしまいますから、自分の考えを十分伝えて、こだわりのあるデザインにして貰うべきです。

業者に依頼する時の注意点

色見本

自分の希望をまとめておく

カードや名刺印刷を業者に依頼する前に、事前に自分の希望する印刷物がどのようなものかを十分考えておき、メモなどにまとめておきます。また、デザインなどのコンセプトもしっかりと伝えられるように記録しておきましょう。

事前打ち合わせを十分に

業者を選定したら、事前打ち合わせを行います。直接出向いていける場合は、担当者やデザイナーに自分の希望する考え方を伝えておき、後日テスト印刷物かPC上でできあがりのイメージを確認します。発注後では修正が不可能になりますから、確認は怠らないでください。

費用と納期の確認

発注する時に、総費用と納期を確認します。追加の料金などが発生することがないように注意し、自分の希望する納期に間に合うことも再度念を押しておきましょう。イベントなどに利用する時は納期までの納品が必須です。

安く依頼したいならまとめて依頼がオススメ

印刷は枚数が多ければ多いほど1枚当たりの単価が下がります。一回百枚を十回依頼するも、一度に1000枚依頼する方が遙かに安くなります。違う種類のモノを複数依頼する場合でも、同時注文ならば割引をしてくれる業者もあります。これは、プラスチックカードを作成依頼するときにも言えることなので、作成したい場合はまとめて複数依頼するようにしましょう。

業者に作成を頼んだ方がいい理由BEST3

print
no.1

無駄な手間がかからない

自作でカードや名刺を印刷しようとすると、グラフィックソフトを使ったり、自前のプリンターを使ったりして印刷する手間が結構かかります。結果、仕上がりが悪く手間ばかりが掛かることになりかねません。

no.2

洗練された印刷物ができる

素人では垢抜けしない印刷物も、プロのデザインにかかれば洗練されていて人目を引くものに仕上がります。この違いは決定的で、筒底素人では真似できませんので、業者に依頼するのが得策です。

no.3

納期が速くコスパが良い

ノウハウを熟知している経験豊富な業者に依頼すると、納期も速く、手間もほとんど掛かりませんから、トータルで考えればコストも安く付くことになり、対費用効果が高いと言えます。